delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

革靴にクリームを塗る

革靴をお手入れする際の基本はブラシ。一昨日のブログでお伝えした内容です。それではブラッシングをしても、革靴の表情がイマイチのときはどうするか?

161011_1

クリームの出番です。革靴に塗るものは色々とありますが、ビンに入ったハンドクリームのような柔らかさのもの(ラベルに乳化性と書いてあるもの)を選んでください。革靴の色がよほど落ちていない限りは、無色(ニュートラル)のクリームで問題ありません。

ポイントはクリームの塗る量と塗り方。

専用のブラシを使います。

161011_2

161011_3

一回に取る量はこのくらい。沢山塗ってもベタつくだけで良いことはありません。

そして塗り方。「表面の擦れ跡が気になる」「ツヤをしっかり出したい」そんな部分は、このようにブラシをしっかりと押さえつけてクリームを刷り込みます。

161011_5

少量のクリームを革にしっかりと刷り込む、これがクリームを塗る際のポイントです。この後は一昨日にご紹介したブラシで、全体を思い切ってブラッシングしてください。クリームを吸収するタイプの革であれば、この流れでだいぶ綺麗になります。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ