delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

一本のブラシから

ニッポン放送のオールナイトニッポン、TBSラジオのJUNK。フリートーク、ハガキ職人のネタを楽しめるAMの深夜放送はいつまで経っても好きです。とはいえ日中の番組も良いものです。特に土日のFM。TOKYO FMのサンデー・ソングブックなどは流しているだけで安心感と心地良さがあります。深夜のAMと日曜日のFMでは全く趣向が違うので比較するものではありませんが、パーソナリティや番組の個性を楽しめるのはラジオの大きな魅力ですね。

前置きが長くなってしまいました。本日は先週からの流れで、革靴のメンテナンスについてお話したいと思います。

メンテナンスの基本はブラッシング。一日履いたら二日間は休ませ、靴を脱いだ際にはブラッシングを欠かさない。これだけでも革靴の持ちはだいぶ良くなります。

ご自宅に靴専用のブラシが無ければ、まず一本用意してください。初めから色々な種類のブラシを複数本揃えなくても大丈夫です。「使い分けが複雑!」「ブラッシングも面倒!」と感じてしまっては元も子もありませんので。

雑貨店の靴用品コーナーや靴の専門店には様々な種類のブラシがあって迷ってしまうと思いますが、私が最初の一本としてお勧めするのは白い豚毛のブラシです。

日々のブラッシングの主な目的は表面の汚れを落とすことなので、毛質はそれほど問題にはなりません。馬毛でも豚毛でも化繊でもOKです。

私が白の豚毛をお勧めするのは後々ブラシを買い足した時にも、適切な役割を与えて活躍し続けてくれるからです。

複数本のブラシを使い分ける場合、豚毛ブラシはクリームを塗った直後に使うブラシとして活躍してもらいます。豚毛は触っていただくとシャリっとしていて、馬毛などに比べると硬い毛です。革靴に塗ったクリームを馴染ませてツヤを出すためには、この毛の硬さやコシの強さが欠かせません。また毛が白いブラシは付着するクリームの色が分かりやすく、革とクリームの色によってブラシを使い分ける際に便利です。

このような理由もあって、新しいブラシを買い足したとしても白の豚毛ブラシは活躍の機会を失いにくいです。せっかく買ったブラシであれば、長く使い続けられた方が良いと思うのです。

ちなみにブラシを選ぶ時には、実際手に持ってみてください。大きさと形状が手に馴染むかどうかは大切ですので。

最後に。ブラッシングは習慣にできるかどうかが重要です。感覚的な話になってしまいますが、生産の背景や見た目も含めて「日々使い続けたい」と思わせてくれるブラシかどうか…そんなことを考えてみても良いかもしれません。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ