delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

スエード2色入荷

新しいスエードが入荷しました。

イタリアのタンナーが手がけるスエードです。

以前から扱っているスエード、チャールズ・F・ステッドのスーパーバックに比べてふんわりと柔らかい質感です。柔らかいものの、厚みは十分にあります。

 

こちらがネイビー。(実物は1枚目の画像のように、もう少し青みが強いです)

 

こちらがグレーです。

各色1枚ずつの入荷で、継続して入ってくる予定はありません。

ネイビーに関しては、同色の型押し革BELUGAと合わせてコンビシューズにしても良さそうです。

一枚の革を広げた状態でご覧いただくと、このスエードの質感が良くわかります。もちろん手で触っていただくこともできますので、是非アトリエショップで触れてみてください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

PATMOS

今日は久しぶりの晴れ。

明日からはまた雨が続きそうですが、束の間であっても太陽の光を浴びるのは嬉しいものです。自宅前の路面が乾いたおかげで、落ち葉の掃き掃除もできました。

こちら、悪天候続きで中々写真が撮れなかったため紹介が遅れていた革です。

トルコのタンナーが手がけている革でPATMOSと言います。色はボルドーです。

厚みは1.3~1.4ミリほどありますが、柔らかくしっとりしています。レディスを含め、プレーントゥにすると良い一足になりそうです。

いつもお世話になっている革屋さんにサンプルとして入ってきていたものでして、在庫はこちらの1枚のみ。小さい革ですので、取れる足数も少なめです。(小さめサイズで何とか2足くらいでしょうか…)

アトリエショップでは端切れではなく、革を1枚でお見せすることができます。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。採寸や試し履き、革などの見学だけでも承っておりますので。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

TEMPESTIのエルバマット

関東も梅雨明けです。

夏本番を迎えるこの時期には少し暑く感じるかもしれませんが、こんな革が入荷しております。

イタリアのタンナーTEMPESTI(テンペスティ)社のエルバマットという革です。

オイルが入ったずっしりと重たい革。色々と試してみまして、少量のクリームとブラッシングでも良い光沢が出ました。経年変化の期待も高まります。

 

今回入荷した色は3色です。

ブラック。

 

ダークブラウン。画像の通り、程よい赤みがあります。

 

オリーブ。深い緑色です。この色、個人的にはチャッカーブーツにしてみたいです。

ジーンズ、チノパン、ワークパンツに合わせる革靴としていかがでしょうか。エルバマットで作った一足は存在感がありつつ、様々なシチュエーションで活躍してくれそうです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

PARMAの魅力

以前ご紹介したINCAS社のPARMAという革で、サンプルシューズを作りました。

諸々のテストも含め、この一足は自分で履きます。(そんなこともありまして、右のつま先はシワのある部分を使っています)

 

上の画像2枚は仕上げの磨きを施す前。

黒のクリームを使って念入りに磨くと色は深くなり、きらりと光沢が出ます。

これがPARMAの魅力。仕上げで大きく化ける革なのです。

 

このサンプルシューズ、全容は次のブログでご紹介したいと思います。今までとは違う底材を使うなど、お伝えしたいことがありますので。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

水牛(バッファロー)の革

昨日から一変。気温は下がり、シトシトと雨が降っております。油断すると体調を崩してしまいそうな気候の急変です。

昨日はそんな暑さの中、同じ神奈川にお住まいのお客様がアトリエショップに足を運んでくださいました。横浜のようなメジャー地域でないにも関わらずお越しいただけること、本当に嬉しく思っております。ありがとうございます。

delightful toolにご興味を持たれた方は、問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。大和市のアトリエショップで、コーヒー(苦手な方には日本茶なども)をご用意してお待ちしておりますので。

 

さて、今回は表題の通り水牛の革について。

色は黒1色、在庫も1枚のみですが、こちらの革が入荷しております。

 

水牛(バッファロー)の革はこのようなシボが特徴です。

シボの出方は革の部分によって変わってきます。それがこの革の面白さ。

ほどよくラフな一足に仕上がってくれるはずですので、ジーンズに合わせて楽しんでみたいです。

 

また他の革と比べてソフトな一枚です。

「カジュアルメインの革靴で色は黒。ただ、表情が乏しい靴にはしたくない!」

ピンポイント過ぎるご要望かと思いますが、そんな方にはピッタリの革だと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ