delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

ゾンタのOLD ENGLAND

本日も革をご紹介いたします。ゾンタ社のOLD ENGLANDという革です。

161026_1

色は黒とキャメル。キメが細かく、非常に綺麗な革です。それでいてコシや表面(銀面)の強さがあります。

 

161026_2

こちらは黒。(製作事例:チャッカーブーツ

 

161026_3

こちらがキャメルです。(製作事例:プレーントゥ

OLD ENGLANDはこれまでご紹介してきたNEW YORKやBELUGAとは異なるタイプの革です。NEW YORKとBELUGAはタンニン鞣し、OLD ENGLANDはクロム鞣しと言って加工方法が違うのです。鞣しとは動物の皮を腐敗、硬化しないように加工する行程。その際に使う鞣し剤によってタンニン鞣しの革かクロム鞣しの革かに分けられます。(両方を合わせた、混合鞣しの革も存在します)

タンニン鞣しの革は変化や変色をしやすく、重量もあります。良くも悪くも革らしい革です。一方クロム鞣しの革は変化や変色の仕方は緩やかで、軽くて耐熱性も高いです。私の個人的な好みもありまして、delightful toolではタンニン鞣しの革を中心に揃えていますが、革靴を履くシチュエーションによってクロム鞣しの革が適していることも当然あります。OLD ENGLANDはそのようなことを考慮して、ラインナップに加えた革です。

 

161026_4

161026_5

OLD ENGLANDの黒で製作したブーツがこちら。

綺麗な靴ではありますが、パリッとし過ぎないバランスに仕上がってくれたと思います。delightful toolの木型と基本デザインはカジュアル寄りなものですので、クロム鞣しの綺麗な革で作ってもバリバリの(?)ドレスシューズにはなりません。革の鞣しや特徴など、あまり深く考えずジーンズなどに合わせていただいてOKです。NEW YORKやBELUGAでは素朴過ぎる。もう少しパリッとした感じがほしいという方にとって、OLD ENGLANDは最適の革だと思います。

3日連続、革のご紹介をしてきました。どの革を使うかで靴の印象は大きく変わります。どのような服装、シチュエーションでその靴を履くかによってお勧めする革も変わってまいりますので、ご自身のイメージをぶつけていただければ幸いです。ぼんやりとしたイメージでも構いませんので。

 

ページの先頭へ戻る

カテゴリ