delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

BELUGAを掘り下げる

今回はイタリアのタンナー・コンチェリア800社のBELUGAという革を掘り下げてみたいと思います。

161120_1

161120_2

色は黒、茶、紺の3色からお選びいただけます。

 

161120_3

タンニン鞣しの型押し革で、このような表情をしています。

BELUGAの茶色はクリームなどで仕上げるとツヤはもちろんですが、色の変化が出やすい革です。

161120_4

161120_5

色がついた乳化性クリーム(今回はM.モゥブレイ・シュークリームジャーのレッドマホガニーを使用)を塗り込み、ブラシで馴染ませてみます。

 

161120_6

向かって左がクリームを塗った後です。

 

161120_7

さらに全体にクリームを塗り広げました。

今回は色つきのクリームで赤味を足して、ツヤを出してみました。色を変化させずにツヤだけを出すなら無色のクリーム、ツヤも必要なければデリケートクリームのみで仕上げる方法もあります。BELUGAはどのように手入れして、変化をさせていくかを考えることが面白い素材だと思います。「このクリームだとどんな変化が出るのか?」疑問が湧いた時には、革の端切れを使って店頭で確認もできます。お気軽にお声掛けください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ