delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

履き心地の良い靴

履き心地の良さにつながる作り方や考え方は様々。作り手も売り手もその考え方はきちんと伝えるべきですが、「こうあるべき」「こうでなければ」とガチガチに固めてしまっては革靴の楽しさが薄まってしまいます。

161207_1

足の後方をしっかり押さえて、指先には開放感を持たせる。

これがdelightful toolの考え方です。

 

161207_2

161207_3

このあたりはしっかりホールドできるように。

 

161207_4

指周りは開放感があるように。

 

161207_5

ここは他の靴に比べると薄めの作りです。

既成の靴を履いて「踵周りが緩いな」「指先が詰まって嫌だな」といった経験がある方は、その違いを感じていただきやすいと思います。

ご興味が湧いたら是非お問い合わせください。「試しに履くだけ」もちろんOKです。お気軽にどうぞ!

ページの先頭へ戻る

カテゴリ