delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

足に馴染む

革靴は履いていくほどに、足に馴染んでいきます。これは革で作られているからこその良さです。

170120_1

170120_2

170120_3

足の裏が直接触れる中底というパーツ。ハンドソーンウェルテッド(9分仕立て)ではこのような革を使います。この厚みのある革が汗をしっかりと吸い、履いていくほどに足の裏の形状に変化していきます。これだけしっかりした中底を加工して、靴としての強さと適度な柔らかさを実現できるのはハンドソーンウェルテッド製法の強みです。

靴の製法にはっきりとした優劣は無いと考えていますが、やはりハンドソーンウェルテッドは素晴らしい製法です。

ハンドソーンウェルテッドで作られた靴は、手間暇がかかる分だけ価格は高くなります。その一方でかけた手間暇の分だけ靴として必要な強さ、柔らかさなど、あらゆる要素を高いレベルに仕上げることができると考えています。

今までのブログでは「マッケイ製法の良さ」を中心にお伝えする機会が多かったです。今後はハンドソーンウェルテッドの良さも、一つずつしっかりとお伝えしていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ