delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

嫌いにならない方法論

ダンスを嫌いにならない方法論を取らないといけない。

先週と同じく、日曜日の音楽番組「関ジャム」から。中学校でダンスが必修化されていることなどを受けての、振付稼業air:man 杉谷さんのコメントです。

 

これまた色々と考えさせられます。

必ず通る道であれば好きになるきっかけにも、嫌いになるきっかけにもなる。それは学校の授業に限らないことではないかと。

こと革靴ですと嫌いになるきっかけを早い時期に、しかも強く感じてしまうことが多いのではないかと思いました。例えば学校指定の革靴がカッコ悪くて、しかも足に合わない。例えば就職活動時に革靴で歩き回って、痛い思いをした。などなど。

そう思ったからこそ、嫌いにならないための方法論や視点は忘れずにいたいです。

170123_1

例えば靴紐を結ぶ、解く。これを革靴と付き合うために絶対必要なことと断定せず、エラスティック(ゴム素材)やジッパーなどを上手く活用してみる。このような発想も必要なんだと思います。

昨晩はテレビを観ながらそんなことを考えていました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ