delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

紺色

この時期になると一枚仕立てのジャケットやカバーオールに袖を通しています。

こちらは購入したばかりのインディゴ染め、ハーフリネンのカバーオール。ちょっと気が早い質感の生地かもしれませんが、少しずつ着用して身体に馴染ませています。

春物へ切り替えていく時期ということで自分の上着が吊るされているラックを見渡してみると、紺色の多さに改めて驚きます。

紺色といえば服の定番色、王道。紺のトップスはベージュやカーキのチノパン、グレーのウールパンツ、ジーンズなど、ボトムに何を持ってきてもしっくりきます。紺色は他の色と合わせやすい色であり、調べてみると日本人に馴染みやすい(着こなしやすい)色でもあるようです。

 

革靴の場合は定番・王道の色が黒と茶ですので、紺の革靴は紺の洋服とは少し違った立ち位置にいるアイテムだと思います。

黒ほどカッチリ、重くならない。茶色ほどカジュアルにならない。紺の革靴の良いところです。

洋服との組み合わせはボトムにベージュ、カーキ、グレーあたりを持ってきておけば問題ないと思います。私ですとトップスにはやはり紺色を合わせてしまいそうです。無難なコーディネートですが、これなら統一感も安心感もあります。

生地であれ革であれ、紺色は「どれくらい青みが強いか」で印象が変わります。画像でお見せしている革BELUGAは青みを抑えた紺ですので、様々な服に合わせやすい靴に仕上がってくれます。

革靴の定番色はやはり黒と茶ですので、紺の靴はちょっと人の目を引きます。職業柄もあって、私は紺の革靴を履いた人には必ず目がいきます。

とはいえあくまでもちょっと。良い意味で、黒と茶には無い個性で目を引く。それが紺色の革靴なのだと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ