delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

既製ライン・プレーントゥで考えていること

既製ラインのプレーントゥ。

一部サイズが完売してしまったため、追加で製作をお願いしようとしております。

色々な方に足を入れていただいた結果や、私自身がしばらく履いて感じたことを反映して、追加分は若干の仕様変更を思案中です。

仕様変更とは言っても、このプレーントゥが持つ「普段革靴を履かない人でも抵抗が少ない柔らかい履き心地」は崩さないように。あくまでも扱いやすさの向上、道具としての完成度の高さを目指した仕様変更を考えています。

 

履き心地の柔らかさで大きなポイントとなっているのは、ガムライトを使用したビブラムの2810ソール。こちらは変更無しでいきます。

2810は軽さと柔らかい接地感を得るためには最適だと考え、選んだ底材です。月並みな表現ですが、2810を使った革靴はスニーカーに近い感覚で履けます。

今、変更を検討しているのは甲革(アッパー)の素材。

現在庫の靴にはイタリア製、タンニン鞣しのスムースレザーを使用しています。天候に左右されにくく、扱いやすい素材です。履いてきた実感として耐久性も問題ありません。とはいえ人間は贅沢なもので(私だからかもしれませんが)、靴としてほんの少し綺麗な印象をプラスしたいと欲張ってしまう。

扱いやすさや耐久性に加えて、もう少し綺麗な表情を持つ黒い革。革の価格も考慮しなければいけないので難しい部分はありますが、良い革を見つけ、良い仕様変更につながればと考えております。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ