delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

サイズバランス

梅雨入りした割には、今年はカラッと晴れる日が多い気がします。今日は半袖一枚で外を歩くと気持ち良いですね。

半袖はTシャツも悪くありませんが、私は襟付きのシャツが落ち着きます。

こちらは購入したばかりのリネンシャツ。サラッと気持ちよく着れる一枚です。

 

このシャツ、私にとっては貴重な一枚。

というのもシャツはサイズ選びで困ることが多く、フィット感に満足できる既製品が見つかることがほとんど無いのです。

身長の割に肩と首回りが大きいので、ここに合わせると大抵のシャツは全体のサイズ感が大きく長くなってしまいます。逆に身幅や着丈を優先すれば、今度は肩と首が詰まってしまって窮屈な着心地に。

このシャツは肩幅と首回りに対する身幅と着丈のバランスがちょうど良いです。しかも価格はお手頃。袖を通した時は、思わず嬉しくなってしまいました。

 

こういったサイズバランスは何においても大切です。

手前味噌ですが、ANCHOR BRIDGEの村橋さんが削った木型は本当にバランス良くできています。初めて作ってもらったサンプルシューズを履いた時は、そのバランスの良さに感動しました。

指の付け根周辺(ボールジョイント)から指先にかけてはゆったりと。指が締め付けられず、開放感があります。

 

インステップと呼ばれる部分は、高さは低め、周り寸法も小さめに設定されています。

このバランスゆえ指周りを開放させたからといって、画像のように羽根(紐を通している部分、甲周りを押さえるパーツ)が閉じ切ってしまうことは少ないです。

 

色々な既製靴で羽根が閉じてしまう私も、馴染んできた靴でこのくらいの余裕があります。

羽根の間がある程度開いていれば、足の状態に応じて甲周りの締め加減を調整できます。

指周りを開放させているからといって、全体が緩い履き心地ではありません。押さえるべきところはしっかりホールドしてくれる構造です。

ご興味をお持ちいただいた方は、外を歩けるサンプルシューズをお試しください。限られた曜日と日数ではありますが、大和市のアトリエショップでお待ちしております。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ