delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

コンビのキャップトウ

先日お客様にお渡ししたコンビのキャップトウです。革はエルバマットのオリーブとニューヨークのチョコを組み合わせました。

 

つま先、かかと周りはエルバマットのオリーブ。

 

羽根(靴ひもを通す部分)はニューヨークのチョコです。外ハトメは真鍮生地のものを使いました。

 

底付けはマッケイ+セメント製法。靴本体と縫われている中板というパーツは革で、本底はビブラム2060ソールのベージュです。革の中板は元の色を生かした仕上げ(生地仕上げと言います)を施しました。本底の色と相まって軽くカジュアルな印象です。

 

お手持ちの革靴が沢山あって、一味違った靴をご希望の方はこのようなコンビシューズもお勧めです。ご注文いただいたN様もあらゆる革靴を楽しまれている方でした。

今回はN様のご自宅にお送りしての納品でしたが、日々履いてくださっているようで安心しました。

ボリュームがありつつ、すっきりも見える。非常に面白い一足に仕上がり、オーダーを受ける側としても非常に勉強になりました。末長くお付合いいただければ幸いです。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

オーダー

先日シャツをオーダーしました。お願いしたのはドレスシャツではなく、休日に袖を通すカジュアルなシャツ。カジュアル、リラックスした雰囲気を得意としているシャツ屋さんなので、仕上がりがとても楽しみです。

シャツ屋さんと話していると色々な発見がありました。カジュアル、リラックスした雰囲気を出すには生地や型紙だけでなく、ボタンの位置やステッチも非常に重要であること。小さなディテールを組み合わせていくことで全体の雰囲気が決まる。洋服であれ靴であれ、やはりオーダーは面白いです。

革靴について素材の特徴や細かなディテールを知らなくても大丈夫です。

「こんな時に履きたい」「こんなファッションが好き」

このようなことを伝えていただければ大丈夫です。ご自身に合った丁度良い一足になるよう、一緒に考えて決めていきましょう。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

エルバマットのパンチドキャップトウ

こちらは先日お客様にお渡しした黒のパンチドキャップトウです。製法は9分仕立て、革はエルバマットのブラックを使いました。

 

つま先の穴飾りは大小の組み合わせ、親子穴です。

 

ツヤ消しのハトメ。エルバマットと非常に相性が良い質感です。

 

底周りはストームウェルトにビブラムの700ソール。多少の悪天候、悪い路面でも気にせず歩ける仕様です。

ご注文いただいたF様は以前既製ラインのプレーントウも購入されています。その履き心地とデザインをベースに「ここをもう少し…」と革や底周りの仕様を決めていきました。

 

小指と親指先端に少しゆとりを持たせるため、乗せ甲による木型の調整もしております。

F様には仕上がり、フィッティングともにお気に召していただけまして、お渡しした靴をそのまま履いて帰路につかれました。その後メールで履きおろしは上々であったことを確認できまして、安心しました。

とはいえ革靴は履き始めてからがスタートです。少しずつ足に馴染み、F様の足元をしっかり支える一足になってくれればと思っております。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

神戸出張

今週の水曜日、日帰りで神戸に行ってきました。

目的は靴の製作をお願いしているANCHOR BRIDGEの村橋さんと打ち合わせをするため。

一年振りに訪れたアトリエには新しい什器や、昨年にはなかった靴たちが並んでいました。

 

Euphonicaさんのオーダー会でご注文いただいた靴も、順調に製作が進んでいます。

フィッティング、木型、新しいデザイン。一年間の活動を通じてわかったこと、感じたことを踏まえて貴重な意見交換ができました。今回の打ち合わせの内容が形になれば、より多くの方に革靴の良さを伝えることができるようになると思っています。

そして改めて感じたのはANCHOR BRIDGEで靴を製作してもらえていることのありがたさ、ANCHOR BRIDGEが手がける木型や靴の素晴らしさ。一度に全てを伝えることはできませんが、少しずつ私の言葉でみなさまにお伝えしていきたいです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

デザイン

delightful toolのロゴ、名刺、ブログ、アイアンの表札。これらはすべてatooshiの永井弘人さんにデザインしていただいたものです。

オーダーの革靴屋を始めようと屋号を決め、「さあロゴを考えよう!」と意気込んだ数年前。自分の手で中途半端なものは作りたくない。とはいえ頼れるプロの知り合いもいない。そんな中、PCで検索して辿り着いたのが永井さんでした。

「この人なら良い仕事をしてくれるに違いない」と私の直感が働き、早速問い合わせ。それ以来ずっと頼りにさせていただいているデザイナーさんです。今更ですが、私の最初の直感は正しかったなと自負しています。

そんな永井弘人さん、現在中目黒のギャラリーにて「人の顔が魅えるデザイン展」を開催しています。

 

僭越ながら、delightful toolについても取り上げていただいております。

 

ショップカード、フライヤーなど永井さんが手がけた様々な作品が並んでいますが、このデザイン展の面白いところはデザインに至る背景がきちんと語られているところだと思います。クライアントの想い、それを永井さんがどのように捉えてこのデザインが生まれたのか…

何となく敷居が高いと感じてしまいがちなデザインを身近に感じることができる素晴らしいデザイン展でした。

日常に寄り添ったデザイン。

永井さんが生み出したロゴやグラフィックにはそんな言葉が似合うと思います。

どなたでも気軽に入れるデザイン展ですので、ご興味のある方は是非。

 

「人の顔が魅えるデザイン展」

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)

午前11:00〜午後9:00(最終日は午後7:00まで)

中目黒river side gallery

ページの先頭へ戻る

カテゴリ