delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

中底について

ブログの冒頭では天気の話をしていることが多いです。過去の記事を見直してみて自覚しました。

「急に寒くなりましたね」「今日は気持ち良い青空ですね」と日常で交わす言葉と同じ感覚で書いているのと同時に、私がその日の天気を結構気にしている証拠なのだと思います。どうも私は天気のことが気になりやすいようです。人それぞれの「天気を気にしている指数」みたいなものがあれば面白いかも、なんてくだらないことを考えてしまいました。

過去の記事を見直してそんな天気のことに気がついたのは、もちろん副産物です。オーダーシューズについて、どこまでお話できていたのかを確認することが記事を見直した目的。

お選びいただける革、底材、製法といったお話はできてきましたので、ここからはもう少し靴の内部や細かなことのお話をしていきたいと思います。

 

今回は革靴の生命線のひとつ、中底についてのお話です。

161113_1

161113_2

中底とは靴を履いた時に足の裏が触れるパーツ。靴によっては革以外の中底もありますが、革靴であればタンニン鞣しの良質な革を中底に使うことが望ましいと思います。

タンニン鞣しの革を中底に使うことで、吸汗性、履き心地が優れた革靴になります。革の中底はスポンジのような柔らかさはありませんし、最初は硬く感じられるかもしれません。しかし使い込んでいくうちに革の中底は足の裏の形状に変化し、履く人のための専用インソールとなります。「履き込んだ革靴は手放せない」「履いていくうちに革靴は馴染んでくる」と言われるのはそのためです。(実際には中底の下にあるコルクなどの部材も変化し、足馴染みに影響します)

とはいえ革の中底は靴の製法によって厚みが変わりまして、そのメリットを最大限に享受できるのは厚みがある中底です。

161113_3

161113_4

こちらはdelightful toolの9分仕立て(ハンドソーンウェルテッド製法)で使われる、厚さが5ミリの中底です。

 

161113_5

161113_6

こちらはマッケイ製法で使われる、厚さが3ミリの中底。9分仕立ての中底に比べて薄くはなりますが、それでも中底が良質な革であることのメリットは感じられます。

革靴というと本体に使われる革(甲革)に注目が集まりがちです。甲革に品質が劣る革を使うのは論外ですが、見えないところだからと中底に適当な素材を使ってコストを下げるのは問題有りです。甲革に良い革を使うのであれば、中底もそれに見合ったきちんとした革を使うべきです。大切なのは全体のバランスで、良い甲革には良い中底の組み合わせが必要です。そうしなければ長く持つ革靴には仕上がりませんので。

delightful toolの靴に使われている中底は、職人さんも私も「これなら間違い無い」と自信を持って選んだ革です。本体に使われる革と同様に中底も店頭で保管しておりますので、是非お手に取ってご覧ください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

革底(レザーソール)

本日は底材紹介の第6回。革底(レザーソール)です。

delightful toolでは、比較的返りが良いイタリア製の革底を使用しています。

161111_1

161111_2

161111_3

画像の通り「これぞ革靴!」と感じさせる綺麗な仕上がりが、革底が持つ最大の魅力だと思います。

 

161111_4

あらかじめ入れた切り込みの中に底縫いをかけることで、縫い糸は露出しない仕様。(メス入りのマッケイ製法)

 

161111_5

161111_6

ヒールのトップピースは革とゴムのコンビタイプ。クサビ型、ダヴテイルと呼ばれる形状のトップピースをつけています。(ゴムのみのトップピースもお選びいただけます)

グリップ力や耐摩耗性、クッション性であれば、革底よりもゴム底やスポンジ底の方が優れています。それでも現代の革靴に革の底材が使われているのは、ゴム底やスポンジ底では出せない「革靴らしさ」「革靴の良い緊張感」を生み出せるからだと考えています。以前お客様から「革底の靴で歩いた時、コツコツという音で背筋が伸びる」といったお話を伺った時には、非常に納得できました。

やはり大切なのは、その靴を履くシチュエーション。普段履きとはいえ、仕事でビシッと履く革靴であれば革底を選ぶのも良いですね。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

チャッカーブーツ

サンプルシューズのご紹介です。今回の一足、店頭に並んだ靴の中では最もドレス感が強いと思います。

161109_1

161109_2

161109_3

黒のチャッカーブーツです。革はイタリアのタンナー・ゾンタ社のOLD ENGLANDを使っています。この革については、過去記事ゾンタのOLD ENGLANDにて詳しくご紹介しております。

 

161109_4

紐を通す穴の数は3つ。

 

161109_5

羽根の切り返し、形状はこのようなバランスです。

 

161109_6

底付けはマッケイ製法。コバ(靴底の側面)の張り出しは抑えめです。

 

161109_7

161109_8

1枚目が今回のチャッカーブーツ。2枚目が前回ご紹介したカジュアル感を強めたパンチドキャップトゥの靴。コバの張り出しによるボリューム感の違いがお分かりいただけるかと思います。

 

161109_9

161109_10

底材は革(レザーソール)です。生地仕上げという、着色しない方法で底面を仕上げています。

 

ちょっと細めのジーンズに白のボタンダウンシャツ、グレーのニットベストに黒のコーデュロイジャケットを羽織って。そんな綺麗目なコーディネートがパッと思い浮かびました。

同じ木型なのにこんな綺麗な靴にも仕上がる。「これだから革靴は面白い!」と改めて感じさせてくれる1足になりました。

チャッカーブーツ

甲革:ゾンタ・OLD ENGLAND

底材:革(レザーソール)

製法:マッケイ

オーダー価格:¥75,600(税込)

完成まで2~3ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

良いバランスのクリーム

こんな小さなブランド、店舗のブログ。それでも日々ご覧いただいている方がいらっしゃること、本当にありがたいです。かつての職場の仲間や後輩達が発信してくれた情報を頼りに、こちらにたどり着いた方もいらっしゃるかと思います。何かしらお役に立てる情報、オッと思って頂ける何かをご提供できるよう日々更新を続けていきますので、よろしくお願いいたします。

 

ここまで書いたブログを見直してみると「バランス」という言葉を多く使っていました。

革靴、革小物、衣類、レザーケア用品。「良いバランスが取れたアイテムであるかどうか?」はdelightful toolで扱う全てのアイテムで大切にしていることです。その点で私が皮革製品のお手入れ用としてお勧めしているクリームがあります。

1

2

161108_3

M.MOWBRAY(モゥブレイ)のアニリンカーフクリーム。

塗った時の革の質感、ツヤの出方、様々な革との相性、価格…あらゆる要素が高いレベルでまとまっています。革靴に興味を持ってからの十数年、様々なクリームを使った中でもそのバランスの良さはダントツです。

 

161108_4

クリームは軟らか過ぎず、硬過ぎず。少量でもしっかり革に馴染ませることができます。

 

クリームのネーミングからすると、何かしら特別な革の専用クリームと思われるかもしれませんが、そこは心配ありません。この名前がついているのは、アニリンカーフという繊細な革にも安心して使えるから。表面がツルっとした革(スムースレザー)全般に使える、ニュートラルの(色が着かない)クリームです。

少し前に値上がりはしたものの、価格(税込1,080円)以上の価値を実感していただけると思います。革好き、靴好きとして純粋にお勧めできる、良いバランスのクリームです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

パンチドキャップ

製作をお願いしていたサンプルシューズが届きました。自分が履く靴であってもなくても…新しい靴の箱を開ける瞬間はドキドキ、ワクワクしてしまいます。

 

161104_1

161104_2

161104_3

パンチドキャップトゥの短靴です。革はイタリアのタンナー・MPG社のNEW YORKを使っています。経年変化を楽しむのに最適な、タンニン鞣しのオイルドレザー。(この革については、以前こちらの記事でご紹介しております)

 

161104_4

161104_5

一文字の切り返しに、一つ穴の装飾。

 

161104_6

ストームウェルトを縫いつけた9分仕立てです。

 

161104_7

革や底周りの仕様を考慮して外ハトメにしました。外ハトメにするとカジュアルさが増します。

 

161104_8

161104_9

底材はビブラム社の700ソール。重さはありますが、グリップ性、耐久性ともに文句無しの底材です。

 

ざっくりとしたウールのジャケット、ボタンダウンシャツ、ジーンズにこの靴を履いたら最高だと思います。もう少しカジュアルに、カバーオールやCPOシャツに合わせても良さそうですね。パッと見は普通の黒い革靴なのですが、この靴を眺めていると「どんな洋服に合わせて履いてみようか?」と想像するのが楽しくなってしまいます。みなさまも是非店頭で実物を手に取って、イメージを膨らませていただければ幸いです。

パンチドキャップシューズ

甲革:NEW YORK

底材:ビブラム#700

製法:9分仕立て(ストームウェルト)

オーダー価格:¥97,200(税込)

完成まで2~3ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ