delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

靴の履き心地を決める要素

靴の履き心地を決める要素は色々あります。木型、型紙、革、副資材…

それと忘れてはいけない靴下。靴本体ではありませんが、大切な要素です。

161202_1

厚みはもちろん、表面がザラっとしている、ツルッとしているといった質感によっても靴を履いた時の感覚は変わります。

何が良い悪いではなく、靴下の好みは人それぞれ違うはずです。薄めの靴下を愛用している方もいれば、厚めの靴下しか履かない方もいる。その日の服装によって靴下を使い分ける方も多いです。ですので革靴を買う、オーダーする際には「買いたいと思う靴に合わせる予定の靴下」を履いて靴屋さんに向かってください。

靴と靴下は切っても切れない関係です。とはいえ難しく考える必要はございません。心地良いと思える靴下を何パターンか揃えて、履き心地とファッションの両面で靴との組み合わせを楽しんでみてください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

靴磨きを失敗する2つの原因

「やっぱり靴磨きはプロに任せるものだよね!」

このようなお言葉を頂戴すると嬉しいです。磨き上がった靴を見て喜んでいただけたのだなと安心します。ただそれと同時にちょっと複雑な心境でもあります。靴磨きを何か特別な、難しいものに見せてしまったのではないかと。

靴磨きは簡単です。お手持ちの革靴のコンディションを整え、綺麗に見せることに特別な技術は要りません。ほんの少しの知識と必要最低限の道具を持っていただければ誰にでもできます。ほんの少しの知識はコツというより、「これをやると必ず失敗する(=革にツヤが出ない)こと」を押さえてください。ポイントは2つです。

 

ミンクオイルを使うと失敗する。


少し振り切った書き方ではありますが、ミンクオイルを使うと革にツヤは出ません。実はミンクオイルは、相性が良い革が限られています。磨いて綺麗にしたいと思われている靴の多くは、ミンクオイルではべたついてしまうはずです。

161130_1

パッケージに”乳化性”と書かれたクリーム。ハンドクリームのような質感のものが、通常の靴クリームです。ミンクオイルではなく、このようなクリームを使ってください。仕上がりはサラッとしていて、革にはツヤが出ます。同時に革に必要な油分も補給できます。革の色がよほど抜けていなければ、無色(ミュートラル)のクリームで問題ありません。

 

クリームを沢山塗ると失敗する。


良かれと思って塗った沢山のクリームのせいで、ツヤは出ません。革はそんなに沢山のクリームを必要としていません。

161130_2

適量はこのくらい。米粒2・3粒とか、コーヒー豆1粒くらいの量です。この量を靴全体に伸ばして、すぐにブラシ(豚の毛などコシがあるブラシ)をかけます。


革靴を通じて今まで多くの方とお話してきましたが、この2つを実践してしまっているケースは非常に多かったです。「ビジネスシューズにミンクオイル塗っちゃってた」「クリームを沢山塗った方が綺麗になると思ってた」思い当たることがあれば、ほんの少し軌道修正してみてください。その靴は意外と簡単に、綺麗になるはずですから。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

靴紐は脇役?

靴紐なんて脇役。そう思われるかもしれませんが、これが中々大切なものです。

161129_1

161129_2

靴紐はしっかり締め上げてこそ靴本来の力が発揮されますし、すぐに解けてしまう紐はストレスになります。そのような点を考慮して、delightful toolではロウを引いていない平紐を使っています。

 

161129_3

強度を考えるとロウを引いた平紐もありますが、ロウ引きの平紐は使い始めが解けやすくイマイチしっくりきませんでした。また丸紐でなく平紐を選んだのは、解けにくくしっかり引き締められるからです。

見た目の好みが分かれるところではありますが、機能面を最優先に考えた結果ですのでご理解いただければ幸いです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

良い靴ってありますか?

「良い靴、お勧めの靴ってありますか?」

靴の世界にいると聞かれることが多々あります。このブランド、このモデルという明確な答えを期待されているとは思うのですが、これがなかなか難しい。私に合う靴であっても、それがその人に合う靴とは限らないから。「誰にとっても明確に良い靴」というのは存在しないのだと思います。

私にとっての良い靴とは「ついつい履いてしまう靴」

161128_1

何の変哲もない普通の黒靴ですが、どんな状況でも安心して履くことができます。その日の天候が少し不安でも、その日に歩く距離が少し長くてもこの靴なら大丈夫。そう思って家を出ることができます。

ついつい履いてしまう靴が玄関に5足揃っている。そんな生活ができれば良いなと思っています。これならどの靴にも出番が回ってきます。定期的に履いて、定期的にメンテナンスをする。それが靴にとっても良い環境です。

ついつい履きたくなる数足を揃えたいと思い、今まで色々な靴に興味を持って買ってきたのだと思います。その分多くの無駄も出してしまいました。これは反省しなければいけません。

これから革靴を買おうと思う方には、そんな無駄や失敗、後悔がないようお手伝いしていきたいです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

マッケイはグッドイヤーに劣るのか?

3

 

セメンテッド、マッケイ、グッドイヤーウェルテッド、ハンドソーンウェルテッド…


革靴に興味を持って色々検索するか、靴雑誌を開けばほぼ確実に目にするワード達です。

上記のワードは全て「靴の製法」です。靴の製法というのは靴の上部(足を包む部分、アッパーと呼びます)と底材を接合する方法のこと。今回はそれぞれの製法の構造的な説明は省かせていただきますが、セメンテッド→マッケイ→グッドイヤーウェルテッド→ハンドソーンウェルテッドの順に製造における工程数が増えますし、人の手がかかります。ですので製法以外の条件が同等であれば、ハンドソーンウェルテッドの靴が一番高価になります。

※マッケイ製法とハンドソーンウェルテッド製法については、以前のブログでご紹介しております。

 

よくある誤解


ここで陥りがちなのが「工程数が多く、価格も高い製法で作られた靴が良い」という誤解です。例えばグッドイヤーウェルテッドの靴がマッケイの靴より絶対に優れていると捉えてしまうこと。これは実はもったいないです。靴の製法に関しては「明確な優劣は無い」と捉えていただいた方が、良い靴選びができます。

 

欲しい革靴のイメージが大切


大切なのはどんな革靴が欲しくて、どのように履きたいのか。なんとなくでも構いませんので、靴屋さんに行く前にイメージしてください。きちんとした靴屋さん、スタッフさんであれば的確なコミュニケーションでそのイメージを把握してくれるはずです。

「すっきりスマートな印象の靴」が欲しければ、お勧めされる靴はマッケイ製法かもしれません。

「長時間歩くため靴」が欲しければ、お勧めされる靴はグッドイヤーウェルテッド製法かもしれません。

「最初から柔らかく、価格が抑え目の靴」が欲しければ、お勧めされる靴はセメンテッド製法かもしれません。

靴の製法とは「この製法だから良い」ではなく、「(価格も含めて)このような靴にしたいからこの製法」として作る際に選ぶものです。ですので靴をお選びになる際も「この製法ありき」ではなく、「このように履きたいからこの製法」と考えると自然な流れで良いなと思います。もちろんこのご提案をきちんとするのは我々靴を販売するものの役割です。知識は必要ございませんので、ストレートに「こんな形、履き心地の靴が欲しい」とお伝えください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ