delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

ボーダーの幅

161005_1

ボーダー幅 16㎜×8㎜

 

161005_2

ボーダー幅 20㎜×20㎜

 

161005_3

ボーダー幅 40㎜×40㎜

ORDER BORDERでお選びいただけるボーダー幅のご紹介です。

 

161005_4

161005_5

3枚の画像は全てCLASSICのナチュラルとネイビーの組み合わせ。

 

161005_0

ボーダーの幅でだいぶ印象が変わっていると思います。

「どの幅が似合う?」

店頭に並んでいるサンプルと鏡を使ってご自身のお好み、個性に合った幅をお選びください。

私はボーダーカットソーから少し遠ざかっていましたが、これだけの色や幅のバリエーションがあることで「丁度良い塩梅!」と思える一着を作ることができました。ボーダー好きの方にも、私のようにボーダーからちょっと離れている方にも楽しんでいただけるORDER BORDERの面白さ。

最後に…ORDER BORDERではsolidという単色でのオーダーもできます。単色で仕上げて、生地の発色や質感を純粋に楽しんでみるのもアリだと思います。

ORDER BORDER boat-neck

CLASSIC 長袖 ¥12,960(税込) ご注文から完成まで約1ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

ハンドメイドとマシンメイド

「ハンドメイド」「マシンメイド」

革靴の世界では耳にする機会が多い言葉です。ハンドメイドは人の手で作る、マシンメイドは機械で作る。とはいえ実際は2つの要素が組み合わさり、形になっている靴がほどんどです。ですので100%ハンドメイドと言い切ることは難しいです。

DSC01968

delightful toolでは人の手をかけつつ、機械もバランス良く使った靴作りを意識しています。

例えば靴を成形する作業(つり込み)は人の手を十分に加えることで、ベースになる型(木型)の曲面的なラインをしっかりと出す。造形としての綺麗さはもちろん、履き心地も良くなります。

縫う作業や削る作業は機械を使って効率良く。機械と上手く付き合うことでコストを抑え、価格面でのバランスも取れればと考えています。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

G.F.G.S. のORDER BORDER

新潟県加茂市発、G.F.G.S.のカットソー。

ORDER BORDERは、一着ずつ生地の編み立てから生産を行う、完全受注生産のオリジナルボーダーカットソーです。

DSC01937

DSC01928

DSC01886

G.F.G.S.との出会いは、およそ3年前。「こんなもの作れますか?」と代表の小柳さんに相談したことがきっかけでした。その後何度か加茂のラボでスタッフの皆さんともお会いして、色々なお話を伺いました。

delightful toolというブランド、ショップで見据えていたことと通じるものを感じ、常設でboat-neckのオーダーを受注できるように協力していただきました。

 

G.F.G.S.のカットソーはピュアオーガニックコットン100%。厚地であっても、非常に良い風合いがあります。特にCLASSICというラインの生地は「これだけ厚いのに、こんなに柔らかいの!」と驚いていただける風合いだと思っています。

私は特にCLASSICの風合いが好きです。「生地が4色でもこんなに色々なボーダーができるんだ!」とお分かりいただけるよう、サンプルは多めに揃えています。

DSC01931

DSC01934

CLASSICは落ち着いた、優しい雰囲気の発色です。

CLASSIC boat-neck

長袖 ¥12,960(税込)

七分袖 ¥12,420(税込)

五分袖 ¥11,880(税込)

 

もう一つのラインはPLAY。こちらの生地は密度が高く、斜行が抑えられています。(G.F.G.S.のサイトに記載されている)「アクティブに着ていただきたい」という表現がぴったりだと思わせる質感の生地です。

DSC01932

DSC01933

PLAYは発色の良さにも注目してください。

PLAY boat-neck

長袖 ¥15,660(税込)

七分袖 ¥15,120(税込)

五分袖 ¥14,580(税込)

ORDER BODERではサイズ(ユニセックス5サイズ)と袖丈(長袖、七分袖、五分袖)、色の組み合わせはもちろん、ボーダーの幅も3種類からお選び頂けます。同じ色の組み合わせでも、ボーダーの幅で雰囲気がだいぶ変わります。後日、こちらのブログでボーダー幅の違いも紹介させていただきます。

ご注文を頂いてから完成までの期間は糸の在庫状況などでも変わりますが、おおよそ1ヶ月ほどを見ていただければと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

靴のコンセプトや価格

delightful toolでは靴を中心とした日用品(現在はカットソー、皮革のメンテナンス用品など)を販売しております。

扱っている革靴はこのようなものです。

161002_1

161002_2

「歩くための道具として機能的であること」「カジュアルスタイルにも合わせやすいこと」

約3年前から職人さんに協力してもらって企画、製作したオリジナルの靴です。非常にシンプルではありますが木型、革、底材、製法など、2つの条件をクリアできる良いバランスの組み合わせを意識しています。

現状ではこの靴を形にするための材料、職人さんが1足に携わる手間や時間、私が流通させられる足数などの兼ね合いで、マッケイ製法(靴の本体と底材を直接縫い合わせる、比較的シンプルな製法です)でご注文いただいても¥70,200(税込)の価格です。日用品、カジュアルと謳っておきながら、税込7万円は「国産」「マッケイ製法」といった条件では高めの価格設定です。しかし色々な靴に携わり、履き続けてきた中で「これだ」と納得できる形にはできたと思っています。

まだ名も知れぬお店、ブランドです。

靴を中心としたアイテムの特長やストーリーは、このブログで少しずつご紹介していきます。ブログをご覧いただければ「こんなブランド、お店なんだ」とご理解いただけるよう、日々更新しますのでよろしくお願いいたします。

もし興味をお持ちいただきましたら、一度お店に遊びに来てください。足の計測、試し履きだけでももちろんOKです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

本日開店しました。

本日10月1日、東京都町田市KRAKEN内2階にdelightful toolのショップが開店しました。

delightful toolでは革靴を中心とした、日用品を販売しております。

DSC01882

DSC01886

DSC01884

神戸の職人が1足ずつ製作する革靴。

新潟の加茂市で作られる、オーガニックコットンのカットソー。

革のお手入れ用品などなど…

まだまだ種類は少ないですが店主が実際に使い、納得できたアイテムを並べています。

作り手が丁寧に作り込んだ革製品、衣類などを、使い手の皆様にきちんとお届けできればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ