delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

靴磨き始めました

部屋を掃除するように、Tシャツを洗濯をするように…みなさんの日常生活の中に、靴磨きも溶け込んでいて欲しい。

以前の仕事をしていた時から、ずっと抱き続けている思いです。

161016_3

161016_5

161016_4

161016_6

やはり足元は綺麗な方が気持ち良い。手入れが行き届いた綺麗な靴を履いている人は素敵だと思います。その靴がどのようなブランド、値段のものであったとしても。

みなさんが靴を磨くきっかけになればと思い、靴磨きのサービスを始めました。10分、540円(税込)で綺麗に磨きあげます。この店を始める前は、7年ほど池袋、青山、銀座などで靴を磨いてきました(時には水で洗うことも)ので安心してお任せください。靴のコンディション、素材によってはもう少しお時間やお値段を頂戴することもあります。その点、ご理解いただければ幸いです。その際には十分な説明をさせていただきますので。

できるだけシンプルに、革の持つ魅力を引き出せるように磨きますので、どうぞ磨いている様子を覗いてみてください。靴磨きは思っているよりずっと簡単で楽しいものです。是非ご自宅で真似して、ご自身の手で靴を磨いて欲しい。そう思っています。

純粋な靴磨きサービスとしてのご利用も、もちろん歓迎いたします。磨いているところや綺麗になった靴を見て、少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

タンニン鞣しの革

本当に良い天気です。店内にもちょうど良い光が射し込み、ご紹介したかった革の色味もしっかり撮影できました。

161015_1

161015_2

delightful toolで扱っている革はイタリア製、タンニン鞣し(なめし)のものが中心です。鞣しとは動物の皮を腐敗、硬化しないよう「革」に変化させる工程。タンニン鞣しは植物に含まれるタンニン(渋)のエキスを使って鞣す方法で、その革は優しく暖かい雰囲気を持っています。

 

「色や質感の変化をより楽しめる」

私がタンニン鞣しの革を好む、大きな理由です。

161015_3

161015_4

店頭に並べている靴は3年選手。(3年も待たなくても良い変化は出てきますのでご安心を)最低限のメンテナンスは必要ですが、このような革ですと靴の手入れも楽しくなってくるはずです。

デザイン、履き心地、革の変化。その全てを合わせて、delightful toolの革靴を楽しんでいただければ幸いです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

形にする

一昨日ご紹介したdelightful toolのオリジナルエプロン。

161014_1

161014_2

以前の仕事で「一日中ストレスなく着用できて、かっこいいエプロンが欲しい」と思ったことがきっかけで作ったアイテムです。

思い立ったは良いけれど、もちろん私一人の手で形にできるわけもなく…私のアイデアから型紙を起こしてくれた洋服屋さんがいて、良い生地を譲ってくれた方がいて、小ロットでも縫製をしてくれた方がいて。色々な人達の協力で出来上がりました。

一つのアイテムを形にするって簡単では無いなと。当たり前ではあるけれど、大切なことを感じさせてくれました。

革靴もカットソーも同じ。簡単に形になっているものなんてありませんので、作り手の方達のストーリーをしっかりお伝えして、使い手の皆さまにお渡ししたいと思っております。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

オリジナルエプロン

delightful toolオリジナルアイテムの一つ、エプロンをご紹介いたします。

161012_1

161012_2

フリーサイズ

価格は¥18,360(税込)

生地はオーガニックコットン100%の帆布。厚みはありますが、非常に柔らかい生地です。丸一日エプロンを着ける仕事をしていたので、長時間の着用でも疲れないよう試作を繰り返して完成したアイテムです。

 

背中で交差させて肩から掛けます。首にループを掛けるものに比べて着用の手間はかかりますが、こちらの方が首や肩にストレスがありませんでした。

161012_6

 

色々試す中で、クロス部分のループが重要なことを発見。ある程度遊びを持たせたループにもう一方のストラップを通すことで、肩からズレるのを防いでくれます。(ループがないと、ストラップがずり落ちることが多々ありました)

161012_7

161012_8

 

胸部分の幅。私はそこそこ肩幅があったので、この部分を広く取って試作をしてみたのですが意外とストレスが。現在の幅は試作していた当時、他のスタッフにも試してもらいベストと思った広さにしています。

161012_10

 

ここからはディテールについて。

ペン挿しは右に。左手で持ったモノ(私の場合は靴でした)を左胸に当てて固定しながら作業…を想定しての配置です。

161012_3

 

左胸は左手で持ったモノで擦れやすい部分でしたので、胸当てをつけました。

161012_4

 

若干膨らみを持たせたポケット。実用性、デザインのどちらも考慮して、斜めにつけています。

161012_5

 

ストラップを通す金具(Dカン)は真鍮です。

161012_9

使い心地、着心地ともに良いバランスにできたと思っています。「当たり前のようで、人とはちょっと違うエプロン」を探している方、いかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

革靴にクリームを塗る

革靴をお手入れする際の基本はブラシ。一昨日のブログでお伝えした内容です。それではブラッシングをしても、革靴の表情がイマイチのときはどうするか?

161011_1

クリームの出番です。革靴に塗るものは色々とありますが、ビンに入ったハンドクリームのような柔らかさのもの(ラベルに乳化性と書いてあるもの)を選んでください。革靴の色がよほど落ちていない限りは、無色(ニュートラル)のクリームで問題ありません。

ポイントはクリームの塗る量と塗り方。

専用のブラシを使います。

161011_2

161011_3

一回に取る量はこのくらい。沢山塗ってもベタつくだけで良いことはありません。

そして塗り方。「表面の擦れ跡が気になる」「ツヤをしっかり出したい」そんな部分は、このようにブラシをしっかりと押さえつけてクリームを刷り込みます。

161011_5

少量のクリームを革にしっかりと刷り込む、これがクリームを塗る際のポイントです。この後は一昨日にご紹介したブラシで、全体を思い切ってブラッシングしてください。クリームを吸収するタイプの革であれば、この流れでだいぶ綺麗になります。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ