delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

2017年12月の営業スケジュール

大和市アトリエショップの営業スケジュールです。基本的には水曜日と土曜日にアトリエショップをオープンいたします。またご来店前には予めご連絡をお願いいたします。

12月2日(土) 13:00 〜 19:00

12月6日(水) 休業

12月9日(土) 13:00 〜 19:00

12月13日(水) 休業

12月16日(土) 13:00 〜 19:00

12月20日(水) 13:00 〜 19:00

12月23日(土) 13:00 〜 19:00

12月27日(水) 13:00 〜 19:00

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

丁度良さ

私がオーダーの靴屋を始めようと思ったきっかけの一つに「自分にとって丁度良い革靴」が見つからなかったことがあります。

ワークブーツほどのボリュームと無骨さは必要無く、ドレスシューズほどの繊細さと華やかさも必要無い。このような立ち位置のブランド、モデルはあります。しかしここに好みのフィッティング、デザイン、素材を掛け合わせると「これだ」と思える靴を見つけるのは非常に難しいです。

それならカジュアルとドレスの間をベースにして、デザインや素材の組み合わせが選べれば良いと考えてスタートしたのがdelightful toolのオーダーシューズです。

当然のことながら「自分にとっての丁度良さ」は人それぞれで、趣味嗜好はもちろんその人の生活スタイルによっても変わってきます。

そこまでカジュアルでもないし、そこまでドレス(スーツばかり)でもない。ラフに見えすぎないよう、Tシャツではなく襟付きのシャツを選ぶ。きっちり見えすぎないよう、スーツではなくジャケットとパンツを選ぶ。そんな感覚が丁度良いと思える方、思える時に当てはまる革靴がdelightuful toolだと思っています。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

コンビのキャップトウ

先日お客様にお渡ししたコンビのキャップトウです。革はエルバマットのオリーブとニューヨークのチョコを組み合わせました。

 

つま先、かかと周りはエルバマットのオリーブ。

 

羽根(靴ひもを通す部分)はニューヨークのチョコです。外ハトメは真鍮生地のものを使いました。

 

底付けはマッケイ+セメント製法。靴本体と縫われている中板というパーツは革で、本底はビブラム2060ソールのベージュです。革の中板は元の色を生かした仕上げ(生地仕上げと言います)を施しました。本底の色と相まって軽くカジュアルな印象です。(同仕様でのオーダー価格は税込¥70,200です)

 

お手持ちの革靴が沢山あって、一味違った靴をご希望の方はこのようなコンビシューズもお勧めです。ご注文いただいたN様もあらゆる革靴を楽しまれている方でした。

今回はN様のご自宅にお送りしての納品でしたが、日々履いてくださっているようで安心しました。

ボリュームがありつつ、すっきりも見える。非常に面白い一足に仕上がり、オーダーを受ける側としても非常に勉強になりました。末長くお付合いいただければ幸いです。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

オーダー

先日シャツをオーダーしました。お願いしたのはドレスシャツではなく、休日に袖を通すカジュアルなシャツ。カジュアル、リラックスした雰囲気を得意としているシャツ屋さんなので、仕上がりがとても楽しみです。

シャツ屋さんと話していると色々な発見がありました。カジュアル、リラックスした雰囲気を出すには生地や型紙だけでなく、ボタンの位置やステッチも非常に重要であること。小さなディテールを組み合わせていくことで全体の雰囲気が決まる。洋服であれ靴であれ、やはりオーダーは面白いです。

革靴について素材の特徴や細かなディテールを知らなくても大丈夫です。

「こんな時に履きたい」「こんなファッションが好き」

このようなことを伝えていただければ大丈夫です。ご自身に合った丁度良い一足になるよう、一緒に考えて決めていきましょう。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

エルバマットのパンチドキャップトウ

こちらは先日お客様にお渡しした黒のパンチドキャップトウです。製法は9分仕立て、革はエルバマットのブラックを使いました。

 

つま先の穴飾りは大小の組み合わせ、親子穴です。

 

ツヤ消しのハトメ。エルバマットと非常に相性が良い質感です。

 

底周りはストームウェルトにビブラムの700ソール。多少の悪天候、悪い路面でも気にせず歩ける仕様です。

ご注文いただいたF様は以前既製ラインのプレーントウも購入されています。その履き心地とデザインをベースに「ここをもう少し…」と革や底周りの仕様を決めていきました。

 

小指と親指先端に少しゆとりを持たせるため、乗せ甲による木型の調整もしております。

F様には仕上がり、フィッティングともにお気に召していただけまして、お渡しした靴をそのまま履いて帰路につかれました。その後メールで履きおろしは上々であったことを確認できまして、安心しました。

とはいえ革靴は履き始めてからがスタートです。少しずつ足に馴染み、F様の足元をしっかり支える一足になってくれればと思っております。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ