delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

変わること〜靴紐について〜

庭の梅が花をつけていました。2020年2月で、大和市の事務所/アトリエを開けるようになってから丸3年が経ちました。

現在、月にほぼ1回のオープンではありますが、お問い合わせをいただく機会も増えてきました。ありがとうございます。

続けることの大切さを改めて感じつつ、続けるなかで変わらないことと変わってきたことがあるなと考えていたところです。

基本的な革靴への考え方は変わっていません。

『試し履きについて』

『オーダーシューズの仕組みと価格の捉え方』

delightful toolとして伝えなければいけないと思い、3年以上前に書いたものです。不定期に自分で読み返しても大きな加筆修正はしていませんので、やはりこのあたりの考え方はdelightful toolを始めてから今まで変わっていないようです。

一方、活動を続けるなかで変わってきたこともあります。それは靴のディテールであったり、革のラインナップであったり、製法(靴本体と底材の接合方法)の捉え方であったり。パッと頭に思い浮かぶだけでも結構な数があるなと思っています。

たとえば靴紐。

delightful toolを始めた当初は、紐としてしっかり引き締めができて解けにくい「ロウが引いていない平紐」が最適解と捉えていました。しかし実際に自分で靴を履き続け、オーダーしてくださった方々の声に耳を傾けてみると、選択肢をもう少し広げるべきだと考え直しました。

締める、緩めるを繰り返すことで平紐に生じた捻れは、非常に目立ちます。見た目の問題なので気にしなければ良いのですが、あまりにも捻れているとさすがに私も気になっていました。

丸紐は、捻れていても見た目ではわかりにくいです。余計なことを気にせず付き合いやすいメリットは大きいと思い、現在は丸紐もラインナップに加えています。(使い始めからの解けにくさを考慮して、ロウを引いていない丸紐を選びました)

細かなところではありますが、靴紐の両端の処理方法も見直しました。

当初定番と考えていたのは、金属チップによる処理です。金属チップは割れる心配がありません。見た目に重厚感があって、紐を通す穴の金属(ハトメ)と色を揃えたときの一体感がある仕上がりも気に入っていました。

しかし実用面では一つデメリットがありました。金属チップは重さがあるので、歩行時に紐の両端が遊んでしまいます。遊んだ紐の端が蝶々結びの輪の中に入ってしまうと、結びを解く際に紐が絡んでしまうのです。これは靴を脱ぐときのストレスになってしまいます。

このストレスを避けるため、一般的な端の処理をした紐も用意しました。この処理方法であれば歩行時に紐が遊んでしまうことはありません。ただ金属チップと違って割れてしまうので、その点も考慮してどちらにするかを選んでいただいています。

この先もdelightful toolの芯がブレることはないですが、このような変化を積み重ねるのは大切だと考えています。

「活動を続けるなかで、これが良いと考えるようになりました」

今回の靴紐に限らず、これからもこのブログでみなさまにお伝えしていきます。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

革靴のある風景 Euphonicaにて

仲町台の洋品店Euphonica。店主の井本さんは、日頃からdelightful toolの靴を愛用してくださっています。

holo shirts.のストライプシャツにMASTER&Co.のパンツ。インナーはIthe(イザ)の白いTシャツです。この先何年も着ていたいと思わせる上質なアイテムばかり。足元のチャッカブーツは非常に柔らかいベビーカーフを使った一足です。

井本さんの履き方を拝見する度、私は靴が持つシャープな一面を垣間見ています。Euphonicaのアイテムの中だから見え隠れする靴の一面なのだと思います。井本さんの装いの一部として生き生きとしている靴を見るといつも嬉しくなります。日々本当によく履いてくださっていて、お会いする度に靴の変化を見るのも楽しみの一つ。

さらに履き込んだ変化。秋冬の装いの中での見え方。だいぶ気が早いですが、次はそんな風景を切り取ることができればと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

革靴のある風景 シロ.にて

吉祥寺にて日常に馴染む服づくりを続けているシロ.の原田さん。昨年末にお渡しした革靴の経過観察と撮影のため、お店にお邪魔しました。

ワイドパンツにプレーントウ。表面に凹凸がある黒のシボ革がチノクロスによく馴染んでいます。

同じプレーントウでもレディスになると雰囲気が変わります。革は黒のベビーカーフ。綺麗な光沢ですが、このような生地のパンツに合わせても良いですね。

原田さんご夫妻らしく、シロ.の服に自然に合わせて履いてくださっていることが嬉しかったです。日常履きにするには少し緊張感があるとのことでしたが、どんどん履いて、よりご自身の足に馴染んだ一足にしてほしいなと思います。

シロ.の空間、原田さんご夫妻の暖かさのおかげか、靴単体で見ていたときよりも柔らかい雰囲気を感じることができました。靴だけを切り取って見るのとは違った一面。やはり履く人あってこその靴なのだなと。秋の装い、冬の装い…。一年後、二年後…。靴の新たな一面が見れるのかなと、今から楽しみにしています。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

シャツと革靴

チョコとコーヒー。トーストとバター。シャツと革靴。どれも生活に欠かせない相性が良いものたちです。

365日の約8割はシャツに袖を通し、革靴を履いています。(残り2割はカットソーに革靴)

好みの形はボタンダウン。生地はチェックが多いです。基本は洗いざらしで、暑い時期は腕まくり。寒くなればベスト、ジャケット、コートと重ねていきます。

袖を通しているシャツの多くはオーダーで仕立ててもらったものです。既製品では首まわり、肩幅、袖丈、着丈のバランスがうまく合わず、オーダーに行き着きました。決して安いものではないのですが私にとってのオーダーシャツは必要な贅沢でした。

 

昨年出会ったholo shirts.の窪田さんはカジュアルなものでもオーダーで作ってくださるシャツ屋さんです。仕立てていただいたシャツはオンタイムのパリッとしたものではなく、リラックス感と少しの緊張感が共存する普段使いのシャツ。本当に重宝しています。

 

そんなholo shirts.の窪田さんにお作りした靴がこのプレーントウです。

甲革の素材感、底周りの縫い方などはざっくりと。窪田さんの普段の装いに合わせた仕様の一足です。機能面では多少天候が悪くても、長めの距離を歩いても。安定感がある靴に仕上がったと思います。

窪田さんはholo shirts.の名の通り、全国を放浪されながらシャツのオーダーを受けていらっしゃいます。この靴が色々な土地で活躍してくれれば幸いです。(ちなみにholoには放浪以外の意味も込められているようです)

ちょうど今週末は恵比寿でイベントをされています。窪田さんが作られるシャツにご興味がある方は恵比寿に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。詳細はholo shirts.さんのサイトをご覧ください。

 

九分仕立てセミオーダーシューズ

価格 ¥97,200(税込)

納期 ご注文から約3ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

テーマのある一足

玄関でつい手にとってしまう一足を。

そんなご要望を形にしたプレーントウです。

 

革はイタリア製の型押し革BELUGA。色は黒です。

底周りはストームウェルト、革の中板を挟んだリッジウェイとボリュームがある仕様。屈曲性は多少悪くなりますが強度や実用性に優れた組み合わせです。

こんな風に履きたい。靴のテーマをお客様から頂くのは非常に嬉しいです。テーマのある革靴は個人的にすごく好きなのです。

どんな服装が好きなのか。お手持ちの靴のラインナップ。普段の歩く距離、歩く場所。色々なことをお聞きして、私の感覚とお客様の感覚をすり合わせて。そこからデザイン、革、全体の仕様を決めていきます。

完成形のイメージがきちんと共有できているか。どうしても不安にはなってしまうのですが、仕上がりにご満足いただけて安心しました。日々たくさん履いていただいているようで、BELUGA特有のエイジングも楽しんでくださっています。

日々の足元を支える一足として、末長くご愛用いただけることを願っております。

 

9分仕立てセミオーダーシューズ

価格 ¥97,200(税込)

納期 ご注文から約3ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ