delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

ウィングチップのコンビシューズ

日中の穏やかな空気と、夜の冷たい空気。何に袖を通そうか悩みつつ、春本番にワクワクする季節です。

そんな季節を鮮やかに彩ってくれる一足を、本日お客様にお渡ししました。

キャメルとネイビーのコンビシューズ。キャメルはゾンタ社のオールドイングランド、ネイビーはコンチェリア800社のベルーガを使っております。

 

デザインは穴飾り(メダリオン、パーフォレーション)などの装飾を用いないウィングチップです。

 

ツヤ消しゴールドの外ハトメ仕様。靴紐は全体のバランスを考慮して、ネイビーをお選びいただきました。

 

底材はビブラム社の700ソール。

 

底周りはストームウェルトでボリュームを出しました。

「キャメルとネイビーのコンビ」「ウィングチップ」「ボリュームがある底周り」それぞれ個性的な仕様ですが、良いバランスにまとまりました。「そのまま履いて行きますね」とお履きになって外に出られたT様。本日のコーディネートにも非常にマッチしていて、とても素敵でした。色々な靴、服を楽しまれているT様ならではの一足です。

デザイン、履き心地ともにお気に召していただき、嬉しい限りです。とはいえ革靴は履き始めてからがスタート。履き心地、靴のコンデションなど、継続してチェックをさせていただければと思います。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

 

こちらのコンビシューズと同仕様の9分仕立てオーダーシューズ

価格:¥97,600(税込)

納期:ご注文から約3ヶ月

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

既製ラインの外羽根プレーントゥ

先週末イベントを行った仲町台のEuphonicaさんでは、既製品の外羽根プレーントゥを継続して置いていただいております。

こちらは私物でして、週1~2回のペースで1年半ほど履いてきました。改めてこの靴について詳細を…と思っていたのですが、タイミングを同じくして店主の井本さんが完璧な紹介をしてくださいました。Euphonicaさんのブログ、是非ご覧ください。

 

とはいえ私が何も語らないわけにはいきません。

私は「しばらく履いていくとどうなるのか?」「どう付き合っていくと良いのか?」といった視点のお話をしたいと思います。

 

甲革はオイルを含んだ革でして、よほどの雨でなければ天候を気にせず履けます。この靴も何度か雨に降られていますが、表面を拭いてきちんと乾燥させてあげれば問題ありませんでした。もし大雨に降られた時は、全体をしっかり水拭きをしてから乾燥をさせます。

日々のお手入れの基本はブラッシング。週1~2回のペースで履くようでしたら、月に1回ほど水拭きもしくは水性クリーナーでさっと拭いてからクリームを塗ってあげてください。クリームの塗り過ぎにはくれぐれもご注意を。

個体差やフィッティングの具合にもよりますが、屈曲する部分のシワの入り方は画像の通りです。クロム鞣しのツルっとした革に比べると深く入ってしまいました。

 

履き込んでいけば、このようにソールがすり減ってきます。

本底のビブラム2810ソールはヒールが一体成型されているため、ヒール部分のみを取り外しての交換はできません。すり減ったヒールを修理する場合は「傾斜板」という修理部材を使います。継ぎ目が残りますが、すり減った部分の厚みを戻すことができます。部材を持っている修理屋さんであれば、特別な修理店でなくても対応してくれます。

さらに履き込んでソール前方のすり減りが進み、グリップ力が低下した時はオールソール修理(本底の全張り替え)が必要です。オールソール修理の場合は私にお預けください。靴の製作先に、同じ部材を使った修理を依頼することができますので。

この既製プレーントゥは肩肘張らずに履ける、汎用性の高い一足になればとの思いで形にしてもらった靴です。相性の問題はもちろんありますが、足なりの木型、人の手で成型された優しい履き心地を感じていただければ幸いです。アトリエショップでは外で試し履きができるサンプルシューズ(サイズは23~27)がございますので、ご興味を持たれた方は一度お試しください。

 

既製ラインは外羽根のプレーントゥのデザインで色は黒のみ。価格は税込¥59,400です。

アトリエショップの現在庫は24・25.5・26.5・27の4サイズです。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

外羽根

delightful toolの靴は全て紐で締めるタイプで「外羽根」というスタイルです。外羽根は海外ではDerby(ダービー)やBlucher(ブルーチャー)と呼ばれているようです。

p-cap

 

紐を通す穴が空いている部分が、ガバッと外に開く。これが外羽根の特徴です。

170130_1

170130_2

ガバッと外に開く構造は、外羽根のポイント。これが脱ぎ履きのしやすさ、甲周りのフィット感の調節のしやすさにつながっています。

170130_3

このような機能性もあって、delightful toolでは外羽根を基本スタイルとしています。

とはいえ外羽根を基本スタイルとしたのは見た目の好みも大きいです。カジュアル、カントリーといった要素が含まれるdelightful toolの靴には、やはり外羽根がよく似合う。そう考えて外羽根を選んでいます。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

平紐

保管していた靴紐が絡まりそうになっていたので、綺麗に巻き直しました。

170128_1

delightful toolでは、このような平紐をロールで管理しています。ここからオーダーをしていただいた靴に合わせて、カットと加工(ほつれないように両端を金具で)をします。

 

170128_2

ロウを引いていない平紐がdelightful toolの標準仕様です。使い始めから引き締めがしやすく、ほどけにくいというメリット(+私の好み)からこのタイプの紐を選びました。ロウ引きの紐に比べて強度の面では多少デメリットがありますが、靴紐が馴染むまで頻繁に結ぶ直す面倒さを考えての結果です。

 

170128_3

ちなみにこの紐はしばらく使っていくと、このように見た目が細くなります。引き締めを繰り返して紐が引っ張られることで、若干伸びて、太さにも変化が出たと考えられます。実は新品の状態はちょっと太いかなと感じていたので、ちょうど良かったと思っています。

普段平紐を使われない方も、一度騙されたと思って使ってみてください。平紐の思わぬ魅力や使い心地に気づいていただけるかもしれません。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

外ハトメと裏ハトメ

本日は靴の仕様についてのお話です。

靴紐を通す穴という、小さな部分の話ではありますが。

 

170124_1

170124_2

こちらは外ハトメと言いまして、紐を通す穴を表と裏の両面から金属パーツで補強しています。

 

170124_3

170124_4

こちらは裏ハトメと言います。その名の通り、裏面のみからの補強です。

構造上は外ハトメの方が強度があるはずですが、日常の使用においてはどちらも遜色はありません。以前お話したウェルトと同様、見た目を重視してお選びください。カジュアルさやカントリーっぽさを出すなら外ハトメ、すっきり見せたいなら裏ハトメ。このくらいの感覚でOKです。

 

外ハトメはパーツの色もお選びいただけます。黒・茶の他、以下の3種類があります。

170124_5

アンティークゴールド。

私のイチオシです。NEW YORKBELUGAといった革に合わせていただきたいです。ちなみに靴紐の端を留める金具とほぼ同じ色味・質感ですので、靴全体に統一感も出せます。

 

170124_6

ニッケルシルバー。

あまり光沢が無く、上品なシルバーです。黒の革に合わせてみてはいかがでしょうか。

 

170124_7

真鍮生地。

既にくすんできていますが、これが真鍮の面白さ。NEW YORKと合わせて、経年変化を楽しんでいただきたいです。

 

「どちらの仕様にするか?」「どの色にするか?」

直感で全く問題ありませんので、楽しんでお選びください。もし悩んでしまう時は私にお任せください。良い塩梅に仕上がる仕様と色をお選びいたしますので。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ