delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

マッケイ+セメント製法の考え方

マッケイ製法の靴には「軽やかさ」を求めています。

しかしマッケイ製法というと、修理の面で不安を抱かれる方もいらっしゃると思います。

161218_1

161218_2

マッケイ製法は中底(足の裏が触れるパーツ)、そこに折り込んだアッパー(足を覆う革)、本底(地面に触れるパーツ)を専用のミシンで直接縫い付けて接合します。非常にシンプルな作りです。それゆえ本底の貼り替え(オールソール交換)を何回も行うことは難しいです。これがマッケイ製法で作られた靴の修理に対する不安につながっているのだと思います。

しかしオールソール交換はそんなに頻繁に行うものではありません。そもそも2回目、3回目のオールソール交換を行うまでに他の部分がもたない(アッパーの革切れなど)こともあります。マッケイ製法の靴も、消耗するパーツは修理することを前提に作られていますのでそこまで心配しなくても大丈夫。「適切な履き方をしていればマッケイ製法の靴も問題無く修理できる」というのが私の考えです。

とはいえせっかくの革靴。気兼ねなくオールソール交換を行えるものであって欲しいとの気持ちは私もあります。そこでお勧めなのが「マッケイ+セメント製法」で作られた靴です。

中底、折り込んだアッパー、それと「中板」というパーツをミシンで縫い付けます。

161218_3

指差している部分。色が少し違う、約3ミリの厚みがあるゴム板が「中板」です。

その中板に本底を接着します。

161218_4

本底を接着のみで接合する製法をセメント(セメンテッド)製法と言います。ですのでこの作りは「マッケイ+セメント製法」と言います。

マッケイ+セメント製法のメリットは、オールソール交換をする際に中板を残せることです。中板を残せるため、中板を接合した際のミシン糸を切らずに済みます。これなら中底やアッパーに負荷がかかりにくいです。しかしデメリットもあります。底周りに厚みが出るため、通常のマッケイ製法に比べて屈曲性は劣ります。良いところだけを取り込むことはできないので、その点はご理解ください。

delightful toolでは木型、革、デザインとのバランスを含めて、このマッケイ+セメント製法をお勧めしています。軽やかさに修理の合理性が加わる点は、非常に魅力的です。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ