delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

マッケイ製法×革底

delightful toolの革靴はマッケイ製法か9分仕立て(ハンドソーンウェルテッド製法)で作られています。

こちらの靴はマッケイ製法のプレーントゥ。私が数年履いている靴です。

 

底材はレザーソール。

マッケイ製法は中底(足の裏が触れるパーツ)、そこに折り込んだアッパー(足を覆う革)、本底(地面に触れるパーツ)を専用のミシンで直接縫い付けて接合します。

 

靴の中を覗き込むと、縫い目が見えます。

マッケイ製法で作られた靴は「軽い」「履き始めから屈曲性が良い」「すっきりした見た目」といった特長があります。

先日久しぶりにこの靴を履きまして、軽さや屈曲性の良さを改めて実感しました。それと革底が地面を捉える感覚も。良くも、悪くも…なのですが、マッケイ製法で作られた革底の靴は路面の状況をしっかり感じることができます。

この感覚は「マッケイ製法×革底」の組み合わせで得られたもの。マッケイ製法であっても縫い付ける底材がラバーであれば、地面を捉える感覚は変わってきます。

履き心地を決めるのは底材や製法単体ではなく、それらの組み合わせです。お好みの感覚、靴をお履きいただくシチュエーション。それぞれに応じた良い組み合わせをご提案できればと考えております。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ