delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

カカトを合わせて靴を履く

「そちらの靴、大切に履いていますね」

数年前、ある靴磨き屋さんからかけていただいた言葉です。傷がない綺麗な靴ではなかったです。おそらく磨き屋さんは、靴のことを考えて丁寧に履いていることを褒めてくださったのだと思います。

普段使いの革靴でも、丁寧にきちんと履くことは大切です。例えば靴に足を入れるとき。

161209_1

靴ベラを使うのはもちろん大切。

 

161209_2

161209_3

カカトをきちんと合わせることも大切です。つま先を少し上げて、靴の後方にカカトを収める。

 

161209_4

最後に靴紐をギュッと締めます。これで足がホールドされます。

靴紐が緩んだ状態はもちろん良くありませんが、カカトを合わせていない状態で靴紐を締めてしまうのもいけません。丁寧にきちんと靴を履くことは、靴が持っている機能を引き出すことにもつながります。少し手間はかかりますが、ほんの少し気持ちと時間に余裕を持って靴を履いてみてください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ