delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

皮革製品、雨に降られたらどうする?

昨晩、久しぶりにまとまった雨が降りました。想像以上の雨でしたが、足元はオイルを含んだ起毛皮革の靴でしたので助かりました。

雨に降られた時、このように革が濡れてしまうと焦ると思います。

161214_1

161214_2

161214_3

時間が経てば水滴の跡が。

昨日のブログでもお話した通り、水染みの原因は濡れている部分と濡れていない部分があることです。

161214_4

対処法はいたってシンプル。全体を水で濡らしてしまいます。画像の革は水を含ませたタオルを押し付けながら、全体に水を染み込ませたものです。革の表面は擦らないように気をつけます。

161214_5

乾燥後。水滴の跡は残っていません。

水拭きはこの手の革であれば有効な対処法です。ただし革によっては水に濡らすことで、色が一気に抜けるなどのトラブルが起こる可能性があります。目立たない場所で水拭きのテストをする必要がありますので、その点はご注意ください。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ