delightful tool

作り手が丁寧に作りこんだ道具を、使い手にきちんと伝え、届けます。

コンビのキャップトウ

先日お客様にお渡ししたコンビのキャップトウです。革はエルバマットのオリーブとニューヨークのチョコを組み合わせました。

 

つま先、かかと周りはエルバマットのオリーブ。

 

羽根(靴ひもを通す部分)はニューヨークのチョコです。外ハトメは真鍮生地のものを使いました。

 

底付けはマッケイ+セメント製法。靴本体と縫われている中板というパーツは革で、本底はビブラム2060ソールのベージュです。革の中板は元の色を生かした仕上げ(生地仕上げと言います)を施しました。本底の色と相まって軽くカジュアルな印象です。

 

お手持ちの革靴が沢山あって、一味違った靴をご希望の方はこのようなコンビシューズもお勧めです。ご注文いただいたN様もあらゆる革靴を楽しまれている方でした。

今回はN様のご自宅にお送りしての納品でしたが、日々履いてくださっているようで安心しました。

ボリュームがありつつ、すっきりも見える。非常に面白い一足に仕上がり、オーダーを受ける側としても非常に勉強になりました。末長くお付合いいただければ幸いです。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

エルバマットのパンチドキャップトウ

こちらは先日お客様にお渡しした黒のパンチドキャップトウです。製法は9分仕立て、革はエルバマットのブラックを使いました。

 

つま先の穴飾りは大小の組み合わせ、親子穴です。

 

ツヤ消しのハトメ。エルバマットと非常に相性が良い質感です。

 

底周りはストームウェルトにビブラムの700ソール。多少の悪天候、悪い路面でも気にせず歩ける仕様です。

ご注文いただいたF様は以前既製ラインのプレーントウも購入されています。その履き心地とデザインをベースに「ここをもう少し…」と革や底周りの仕様を決めていきました。

 

小指と親指先端に少しゆとりを持たせるため、乗せ甲による木型の調整もしております。

F様には仕上がり、フィッティングともにお気に召していただけまして、お渡しした靴をそのまま履いて帰路につかれました。その後メールで履きおろしは上々であったことを確認できまして、安心しました。

とはいえ革靴は履き始めてからがスタートです。少しずつ足に馴染み、F様の足元をしっかり支える一足になってくれればと思っております。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

型押し革、紺色のプレーントゥ

こちらは実姉がオーダーしてくれた靴です。通常の木型(メンズ用)サイズ23で製作しました。

 

甲革に使用したのはイタリア製の型押し革、BELUGAのネイビー。

つま先と踵部分は型押しの出方が薄くなっています。これは靴として成形する際(つり込む際)に、革が強めに引かれる部分だからです。

 

靴ひもは革と同色に。ひもを通す穴の仕様は裏ハトメでシンプルにしました。

私が色々な服装で合わせやすく履きやすいと思う仕様にしましたので、姉も上手く活用してくれると思います。こんな時、ファッションの好みが似ていることは役に立ちますね。

プレーントゥとBELUGAのネイビー、予想以上に良い組み合わせでした。男性でも女性でも使いやすいバランスとしてお勧めします。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

ブラックカーフのパンチドキャップ

前回のブログでご紹介した黒のカーフ(INCAS社のPARMA)で作ったサンプルシューズ。

9分仕立ての外羽根パンチドキャップトゥです。

 

キャップ切り返し部分の穴飾り(パーフォレーション)は大小の組み合わせ。親子穴と呼ばれる飾りです。

 

底周りはボリュームを抑え目にしました。(ダブルの平ウェルトです)

 

本底はビブラムの2055ソール。delightful toolでは初めて使う底材です。

見た目はダイナイトに似ていますが、ラバーそのものが違うので履き心地も異なります。履いてみた感覚としては、グリップ力が強く滑りにくい。良い底材です。

このサンプルシューズは甲革と底材の組み合わせ、PARMAの経年変化などを確認するために自身で履き込んでいきます。経年変化の様子は、折を見てお伝えしていければと思います。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ

キャメルのプレーントゥ

今日も暑さが厳しい一日でした。これだけ暑いと革靴から遠ざかってしまいそうです。

とはいえ革靴に携わるものとしては、少し気持ちを引き締めたい時やしっかり歩く時は是非足に合った革靴を選んでいただきたいと思っております。

 

今週の水曜日も中々の暑さでしたが、ご注文いただいていた靴を無事にお渡しできました。

レディス専用の木型で製作した、キャメル色のプレーントゥ。底付けはマッケイ製法です。

 

甲革にはゾンタのOLD ENGLANDを使い、靴紐を通す穴は外ハトメの仕様にしました。

外ハトメに使ったパーツの色はツヤを抑えたゴールド。キャメルの革と良く馴染んでいます。

 

こちらは後ろからの一枚。

 

底周りは革底の一枚仕立て(シングルレザーソール)です。底の縫い目は切り込みに隠れるメス仕上げ。カカトのトップリフト(接地するパーツ)は革とラバーのコンビタイプ。半革化粧と呼ばれるタイプで、形状はクサビ型です。

 

ご注文いただいたO様からは「キャラメルみたいで良いですね」とのお言葉。確かに、何かに例えるならキャラメルがぴったりハマる形状・色・質感ですね。

今のような暑い時期に履いていただいても、少し寒くなってきた時期に履いていただいても…キャラメルのような質感は、その季節に合わせて良い表情を見せてくれそうです。

O様の足元を支える一足として、末長くお付き合いいただければ幸いです。この度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

 

こちらのプレーントゥと同仕様のマッケイ製法オーダーシューズは¥70,200(税込)でご注文いただけます。お渡しはご注文から約3ヶ月です。

ページの先頭へ戻る

カテゴリ